木の家

コンセプト

古来より木造建築は「高級・高品質」とみなされています。 それは、木材が「軽<て」「強<」「美しい」建材であるからです。

鉄筋に劣ることのない木材は、地震の多い日本で、木造建築100年を優に超えている建築物が証明しており、それはまさに、「しっかりとした建築を作る人と永く培われてきた木造の伝統技術」との素晴らしきコラボレーションといえましよう。

木造建築の良さを味わうと共に、後世にもその良さを伝える喜び・・・それが「木の家」すなわち木造建築の醍醐味です。

増改築リノベーション

中古物件を買っリノベーション、団地でリノベーション、古民家でリノベーション、、、など、近年注目されているリノベーション。
さて、その注目されている理由は何なのでしょうか??

「ビルド&スクラップ」いわゆる新築至上主義が長く根付いていた日本ですが、およそ30年の周期で建物を壊しては建て直すを繰り返すことにより、 大量の廃材が生まれ、新たに大量の材料が必要となる為、環境的には好ましいとは言えませんでした。

土地の高騰・建築材料の高騰などの背景により、消費者の住宅購入の選択肢も拡がり、住まいを持つというのが決して新築だけではなく中古物件の購入や、既存の住宅改修などでの住宅を生まれ変わらせるリノベーションは、環境保護の観点から見ても、実に良好であると言えます。

特に注目を集めているのが、サステナビリティな「木」を用いた建築物の代表格である「古民家」の再生リノベーション。
昔ながらの日本の住まいの味わいや良さを感じ、この想いを感じながら、より快適に暮らしていきたいという考えや、或いは、先祖代々受け継ぎ、たくさんの思い出のつまった家を、更に将来に遺していきたいという考え。
また、日本では7.5戸に1戸という空き家があり、長期的な視点で見ても、経済的にも環境的にも無駄であり、今在る住まいを長く大切に活用するという考えは、とても重要です。

前世代からのストックを活用するヨーロッパなどの暮らしは住宅コストがかかりません。
よって、日本人の生涯収支を考慮すると、中古住宅、中古マンション、古民家など、ストック住宅を活用するという考えを持ち、住宅にかかるコストを抑え、よりゆとりある生活をおススメします。

リノベーションに適した住宅のチェックポイント

■立地がいいもの、築年数が古く売れ残っている物件
■間取りが悪い物件
■外装にあまり魅力がない物件

リノベーションマンション選びのポイント

■リノベーションに適しているかの確認(ラーメン構造か壁式構造かなど)
■中古マンション周辺の確認(騒音などの周辺環境、過去の構造補強の修繕履歴や修繕計画など)
■マンションの管理状況の確認(共有場所や建物周りが清掃されているかなど)
■ローンを組めるかの確認(新築の住宅ローンとは異なった審査レベルなので注意が必要)

リノベーションに必要な費用と期間

■中古住宅購入時にかかる費用(購入地域や手続き諸掛り費など)
■リノベーションにかかる費用(工事内容による)
■居住後にかかる費用(固定資産税など)
■小さな工事は2週間前後、大規模工事は4ヶ月~5ヶ月。

リノベーションする際に発生するローンの注意点

■住宅ローンの検討期間は余裕をもつこと
■中古住宅の購入価格だけでなく諸費用も考慮した借り入れを
■中古住宅購入時はローンの借入期間は短いことが多い
■そもそも借り入れ金額の上限が低いこともある
■中古住宅購入でのフラット35の利用時に注意する
■住宅ローン控除を受けたい場合は築年数に注意

リノベーションが注目を集めているメリット

◎自由に設計できること
◎物件の選択肢がふえること
◎新築を建てるよりもコストを抑えることができること

《Ex.古民家》

■材料の強度がよいこと
■資源の保護になること
■固定資産税が軽減できること
■デザインに独自性がでること

《Ex.団地》

■緑が多く、スペースにゆとりがある
■立地条件がよい
■人情味溢れる付き合いがある
■建物のシンプルさに愛着を感じる

リノベーションのデメリット

◎築年数が長いために耐久性に不安がある
◎住むまでに時間が必要であること
◎ローンの金利が高くなる傾向があること

《Ex.古民家》

■断熱性がよくないこと
■耐震性に不安があること
■思っている以上に費用がかかること

《Ex.団地》

■壁式構造になっていることが多い
■在来浴室になっていることが多い
■直天井、直床になっていることが多い
■エレベーターがないことがある

以上のように、中古住宅、団地やマンション、古民家など、各購入する物件のリノベーションにおいてのメリットとデメリットの両方を十分に理解した上で検討する必要があります。

リノベーションはこんな方にぴったり

◎エリアにこだわって住まいを探している!

物件のロケーションは、将来の物件の価値に大きく影響するものです。「子どものための希望学区内、仕事ベースなので都心部」など、エリア重視の方は多いですが、現実は、都市部は飽和状態であり、新築戸建てや新築マンションに住むには郊外しかなく、都市部で建築用地を新たに見つけるのは苦労であったり困難です。そんな時、「リノベーション」を念頭に置くと、中古の戸建てやマンションも選択肢に加わりますから、住みたい地に住まいをもてることでしょう。

◎予算を抑え、手頃な価格で、お洒落なデザインで嗜好性の高い住宅にすみたい!

住まいにあわせて生活するのではなく、ライフスタイルに合わせた住まいをつくるという愉しみ。新築戸建てや新築マンションを購入しても、設備は普及品であることが殆どで、思い通りの自分のこだわりに合うような理想のマイホームにはなかなか出会えないものですが、「リノベーション」という選択肢により、理想に近付くことが可能です。

◎資産として住宅を持ちたい!

資産として住宅を持ちたいと考える方は多いですが、新築で物件購入をすると、その約2割がデベロッパーの利益とり、購入時より資産価値は約8割に減ってしますのが現実です。買主のニーズや時代トレンドにあったデザインであったり、耐震性を高めるなど、性能や機能を向上させることで資産価値をあげることも可能なので、「リノベーション」は要検討事項です。

◎省エネ・環境や健康に配慮した住まいづくりがしたい!

電気代や石油の値上がりなど、毎月の光熱費が気になりますから、エコロジー志向が強く、環境や健康に配慮した住まいづくりを考える方が増えています。

リフォームとリノベーション、その違い

リフォーム:「Re+Form」・・・形を元に戻す。という意味
リノベーション:「Re+Innovation」・・・革新。一新。という意味

【リフォーム】

■原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処。

《工事規模》

設備の変更や修繕、システムキッチンやユニットバスの入れ替えや壁紙の貼り換え程度の比較的小規模工事。

《住まいの性能》

新築の時と同等か以下の性能になる工事

【リノベーション】

■機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修。

《工事規模》

間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など大規模工事

《住まいの性能》

古くなった住まいを新築の時以上の状態になる工事

構造

ラーメン構造

柱と梁が交わる部分(接合部)を固く留め、変形を抑えた構造形式です。空間を広く活用できるため、マンションや公共建築物など様々な建物に利用されています。ラーメン構造では、柱と梁以外は自由にできるので、どこを壁にしても良いし、どこを出入り口にしても良い。なので柱や梁さえ気にしなければ、リフォームなどでも非常に融通が利く造りになっている。ただし、壁なども薄くできてしまうので、隣の部屋の物音がよく聞こえることが多い。木造アパートなどでは、隣の部屋の物音が聞こえてしまうが、鉄筋コンクリート造りであっても、ラーメン構造だと同じことが起こる。またラーメン構造は柱と梁の接合部に力が加わりやすいので、地震の横揺れには弱いという欠点がある。なので震災レベルの地震には耐えられない。2階建ての建物で、1階部分が壊れてぺしゃんこになるイメージ。

壁式構造

これは四方の壁と床と天井という6枚の板で、建物を建てるという法。イメージとしては、ボックス・ティッシュの箱を、どんどん積み上げていくイメージ。

トラス構造

部材同士を三角形につなぎ合わせた構造形式。また、部材同士の節点はピン接合にします。

木造の良さ

木のぬくもりは、人、地域、環境にやさしくて

国土の6割強が森林という森林帯国・日本。その豊かな森林の木々たちは、樹齢を重ねるとCo2の吸収力が弱まるので、計画的に伐採して有効利用します。
そして、新たな植林には、むろんCo2の吸収力が盛んな若い樹木を選びます。こうした森林全体の循環は不可欠であり、木材を使うという事は重要な環境貢献となるのです。

樹木は、Co2(二酸化炭素)を取り入れ、酸素を放出して成長(光合成)します。この機能は、木材となってからも炭素を固定し続けますから、木造建築が地域温暖化防止に役立つこと、そして、これは木造家屋として解体しても、再度の建築材料としてサステナブルな素材である事を示しています。

地場産材を加工後の構造材として利用する事が可能ですし、こうした活用をする事が、地域の林業に携わる人たちや木材加工・施工業者の活性化へと繋がってゆきます。

サステナビリティな「木」の魅力

そもそも木の香り(フィトンチッド)の中には、消臭や防ダニ・殺虫・抗菌・抗カビ等の多様な作用やリフレッシュ効果がありますし、木の柔らかさや温かみなどによるやすらぎや心地よさなど人の気分を和らげてくれる沈静作用もあります。木は、人体に有害な紫外線を吸収し、目や肌に受ける刺激を少なくする特性をも持ち合わせており、私たちが生きる上での目には見えない箇所の癒しの空間と健康空間とを共に提供してくれる素材と言えます。

高温多湿な気候風土の日本で快適に暮らす為には湿度対策が肝心ですが、木は、湿度が高くなると湿気を吸収し、乾燥すると湿気を吐き出すという室内湿度の調整機能の役割を果たしたり、他の素材と比べてのその高い断熱性により、夏の陽射しの遮断や風通しの工夫しだいではエアコンに頼らない「冬暖かく夏涼しい」の実現と、耐火性にも優れているので火災における家屋の燃え落ちる強度数値の高さにも注目されています。

このような特徴やメリットにより、近年、木造家屋は建築コストの安さやその価格変動の少なさなどに注目されており、新築はもちろん、リフォームやリノベーションなどの工事にも再利用の建築材料として好まれています。